入れ歯治療大分新港イトセ歯科の電話番号
入れ歯のお問い合わせメールフォーム

入れ歯大分新港イトセ歯科の入れ歯治療の流れ

入れ歯BPS義歯入れ歯ノンスクラプ義歯入れ歯金属床義歯入れ歯新港イトセ歯科入れ歯シリコン義歯高吸着義歯インプラント義歯
入れ歯治療の流れ
入れ歯治療の流れ
入れ歯治療の流れ1
問診とカウンセリング

患者様にあった入れ歯を作る為に、使用している入れ歯について不満などをお聞きし(カウンセリング)、お口の状態を調べるとともに治療計画を立てていきます。
後日、お口の特長や残っている歯(在存歯)の状況を踏まえて説明します。
その際に、前回の問診をもとに(ご希望など)、どういった入れ歯が適切で最善なのか説明し、治療費用のお見積もりを提示します。

歯肉と歯茎の型取り

まず、既製のトレーを使って歯と歯茎の状態を型どりします。(精密義歯の場合のみ)

患者にあったトレー作成

一回目に取った型を使って、患者様のお口にあったトレーを作ります。(精密義歯の場合のみ)

入れ歯治療の流れ2
精密な型取り

患者様にあった入れ歯を作る為に、使用している入れ歯について不満などをお聞きし(カウンセリング)、お口の状態を調べるとともに治療計画を立てていきます。
後日、お口の特長や残っている歯(在存歯)の状況を踏まえて説明します。
その際に、前回の問診をもとに(ご希望など)、どういった入れ歯が適切で最善なのか説明し、治療費用のお見積もりを提示します。

噛み合わせ一回目

できた型から作った土台を使って噛み合わせを採取します。
噛み合わせひとつで、よく合っている、噛める入れ歯、噛むと痛い入れ歯、噛めない入れ歯になるぐらい、入れ歯の出来を大きく左右してしまいます。
そして、噛み合わせひとつで口腔内の状態の変化だけでなく、全身の健康にも影響してきます。正しくない噛み合わせ歯、肩こりや頭痛まで引き起こしてしまうのです。
それだけ、噛み合わせ歯入れ歯を作る上で重要なのです。
噛み合わせが不安定な患者様の場合、何度か確認をすることがあります。
噛み合わせが非常に不安定で安定した入れ歯を作るのが難しい場合は、何度か入れ歯を作り直しながら安定を待つ場合もあります。

歯並びの駆り合わせ

前回とった噛み合わせを元に、人工の歯を並べてみます。
この段階では、ろうの上に歯を並べているので、気に入った歯並びに修正することができます。
入れ歯の装着具合、噛み合わせ、歯並びの3点を重点的に見ていきます。

歯の出具合、並びなど好みを教えてください。
昔の写真を参考にさせていただく場合もあります。
歯並びも何度か確認を行うことがあります。

入れ歯治療の流れ3
完成 新しい入れ歯が入る

入れ歯が完成しました。
できあがった入れ歯を調整し、患者様のお口に合わせていきます。
入れ歯の手入れ方法や保存方法、日頃のお口の中のケアについて説明します。

入れ歯調整

入れ歯はただ入れているだけの時と、食事している時では違った動きをします。
「入れていると痛くないけど噛むと痛くなる・・・」というようなことも出てきます。

特に、新しい入れ歯はまだ歯茎になじんでいないので、使ってもらいながら問題点を確認し、しっかり噛めるように調整しなければいけません。
痛い部分と噛み合わせの微調整が『痛くない入れ歯』・『安定した入れ歯』にしていく近道なのです。
調整には個人差がありますが、最低3~4回は通っていただきます。

定期検診

体調が変化するように、口の中の状態も常に変化しています。
入れ歯を長持ちさせ、気持ちよく使い続けるこには、定期的に診察を受け、きちんと調整することがとても大切です。
特に入れ歯の下のあごの土手は時間が経つごとに変化していきます。
また、適合や噛み合わせをチェックして、すき間ができているようならうめ合わせるなどの調整をする必要があります。

まめに、調整しているとひとつの入れ歯を長い期間使用できることにもつながります。
入れ歯の調子が悪いときはもちろんですが、調子がよいときでも3~6か月に1度は受診して、入れ歯の具合をチェックしてください。

インプラント大分新港イトセ歯科

COPYRIGHT ©SHINMINATO ITOSE DENTAL ALL RIGHTS RESERVED.