PICKUP
部分矯正

部分矯正とは見えない矯正治療の一つで、前歯の矯正治療に特化した矯正方法です。 前歯が1本だけ傾いてしまっていたり、歯と歯の間に隙間があったり、歯並びが少し歪んでいるような場合に1本から数本の歯を整える簡単な矯正治療です。

前歯の何本かが傾いてる、あるいは歯が少し重なっているといった悩みをお持ちの方は多いのではないのでしょうか? 部分矯正はそういった症状に適しています。

歯並びの印象というのは前歯で決まると言っても過言ではありません。症状によっては部分矯正ではなく、全体矯正治療の必要がある場合もありますが、 かみ合わせに問題がなく、ちょっとした前歯の乱れを直すのであれば部分矯正で治療可能です。

部分矯正の特徴

部分矯正では歯を動かす量が小さく、治療期間は他の治療法と比べると比較的短くなります。通常の矯正治療では1〜3年程度はかかってしまいますが、部分矯正は前歯だけを動かすため、歯全体を動かすより治療期間がかなり短くなり、だいたい3ヶ月から1年程度となっており、平均は3~4ヶ月程で完了する方が多いです。そのため、結婚式などの大事なイベントまでに歯並びをキレイにしたい方や、就活や同窓会のために歯並びを整えてイメージアップをしたいなどという方に部分矯正治療は向いていると言えるでしょう。また、矯正装置を装着する期間が短いので、精神的、身体的負担も他の治療法より軽く感じることが多いようです。

費用も一般的な矯正治療の場合は治療費が75万円~100万円程度かかってしまいますが、前歯だけの部分矯正なら治療費が20万円~40万円程度と比較的費用も抑えることが出来ます。

しかし部分矯正は対応できる症状が少なく、かみ合わせの矯正ができません。よって叢生と呼ばれている前歯がガタガタしている乱杭歯だったり、軽度の出っ歯、前歯にすき間があるといった比較的軽度な症状に適しています。出っ歯は顎の骨が原因になっている場合も多いので、顎の骨が原因の場合は全顎矯正が必要になります。
部分矯正は前歯部分だけを動かして矯正治療を行っていきます。基本的に抜歯は行わず、前歯部分の歯並びを整えるようなイメージです。 しかし、かみ合わせの問題を解決することは出来ないため、かみ合わせに問題を抱えている方には部分矯正ではなく、その他の適した矯正治療をお勧めします。

部分矯正が適応できるかどうかは症状によりますが、費用を抑えたい方であったり、短期間で矯正治療してを終わらせたい方が部分矯正を希望されることが多いです。

部分矯正のための装置の種類

一口に部分矯正と言っても、様々な装置を使った治療方法があり、症状に合わせて適切な装置を装着して頂く必要があります。

まず一つ目は、セラミックブラケットというセラミックを素材とした矯正装置です。セラミックの特徴は、天然歯のような自然な白い色調になります。装置をつけていても、目立たないため、他の人の目線を気にせず生活することができます。また、セラミックは色素沈着をすることがほとんどない素材で、汚れにも強く、清潔感を維持することができます。さらに、非金属製の素材なため、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

二つ目は、リンガル矯正(裏側矯正)という方法で、装置を歯の裏側に装着して矯正治療を行います。矯正装置が他の人から見えないため、人目を気にすることなく治療ができます。

しかし表側矯正に比べ、装着したときの違和感や発音がしにくかったりします。

三つ目はメタルブラケットという矯正装置をつけて行う表側矯正と呼ばれている方法です。

メタルブラケットは、歯の表面に装着する金属製のブラケットにワイヤーを通した固定式の装置で、矯正治療の中で最もポピュラーな治療法です。金属製のためとても丈夫で、歯にかける力の細やかな調整がしやすく、価格も他の装置と比べると安価なため費用を抑えることができるというメリットがありますが、器具が目立ってしまうことが唯一のデメリットです。通常ステンレスとスチールの合金で作られていますが、金属アレルギーの方でも装着できるようにチタン製のものもあります。矯正装置を装着した初めの頃や、治療が進んでワイヤーを調節した後に、歯が浮いたような痛みや違和感などを感じることがあり、それが原因で指や舌で触ってしまったりすると装置がはずれたり壊れたりすることがあります。痛みは数日でおさまるため、治療中痛みがずっと続くわけではありません。様々な症例に対応できるなどといった優れた効果があり、装置の強度も優れているため割れることはほぼありません。

そして四つ目はマウスピース矯正というマウスピースを装着して矯正治療を進めていく方法です。マウスピースは薄い透明な樹脂で作られており、さらにワイヤーやブラケットを使わないので、他の人から気付かれにくいことが特徴で、接客業や人前に立つお仕事など、口元を気にされる職業をしている方に人気です。また、食事の際や歯磨きを行う時にはマウスピースを外していただく必要があり、マウスピースの取り外しは簡単に出来るようになっています。

ただマウスピース矯正の注意点として、1日20時間以上の装着が必須となります。食事や歯磨きの際に外したりと、ご自身で装着時間の管理をしていただく必要があります。

装着時間が少ないと、治療期間が長引いてしまたり、最悪の場合には矯正治療が失敗してしまうこともあります。

症状によって治療法が向き不向きと分かれてしまうため、最適な治療法で矯正を行っていただく

ためにも、信頼のできる大分の歯科医院で一度相談されることをお勧めいたします。

おすすめの記事