PICKUP
エクストルージョン

抜歯と診断されても、出来れば自分の歯は残しておきたいと思われる方も少なくないでしょう。そこで抜歯と診断されても歯を抜かなくて済む可能性を引き出す「エクストルージョン治療」と言う治療法があります。今回はエクストルージョン治療についてご紹介します。

抜歯が必要になるのはどんな時?

ひどく進行した虫歯

虫歯が進行してしまって、歯の根の部分しか残っておらず、歯髄も死んでしまっている状態の歯は抜歯が必要になります。また歯冠部はあまり虫歯の進行が進んでいなくても、歯の根がある歯根部の虫歯が進行してしまうケースもあるので、治療で改善しない場合は抜歯が必要になります。神経が死んだら痛くないからと放置をしていると、汚れが付着しやすくなり、口臭の原因になったり、膿をつくる可能性もあります。

重度の歯周病

歯の根を支えている骨が失われるほど歯周病が進行してしまうと周囲の健康な歯にまで影響を及ぼすことがあるため抜歯が必要になります。失った骨を元に戻すことは進行しているほど難しく、噛む力に抵抗できない程度まで骨がなくなった場合は、抜歯した方が良いことも多いです。

修復できないほどにひびが入ったり割れてしまった歯

怪我や治療によって、歯にひびが入ったり、歯の根が割れたり折れてしまうことがあります。そうすると汚れが侵入しやすく、他の炎症も引き起こしてしまうため抜歯が必要となります。

親知らず

真っ直ぐキレイに生えている親知らずは抜く必要ありませんが、歯ぐきに埋まっていたり、生える向きが悪く、周囲の歯に悪影響を及ぼす親知らずは抜歯が推奨されます。

歯を抜かなくて済むエクストルージョン治療について

歯を残せる可能性のある治療法は「エクストルージョン治療」「歯根端切除術」「意図的再植治療」と言う治療法があります。一般的に抜歯と診断されるケースも、抜歯せずに対応できる場合が多いと言われ、今回はエクストルージョン治療についてご紹介します。

エクストルージョン治療は部分矯正の一種で、ほかに「矯正的廷出」や「歯根廷出術」とも呼ばれ、歯根を有効活用し歯の保存を行う方法です。例えば天然歯や被せ物が折れてしまい、歯根だけが歯ぐきの中に残っているようなケースは抜歯が推奨されブリッジかインプラントを入れる方法を診断されやすいのですが、そのような状態でも、針金とゴムを使って歯ぐきの中の歯根を引っぱり出し、出てきた歯根の頭を使って被せ物をしていくのがエクストルージョン治療法です。このエクストルージョン治療は、あくまで前歯の治療に適応される治療法であり、奥歯の治療には適用されません。奥歯にエクストルージョン治療を行わない理由は、前歯と比較してすると時間がかかってしまう事や、歯が折れた場合でも骨と歯ぐきを削って歯根を出すことができればエクストルージョン法をしなくても被せ物が十分可能になるためです。歯ぐきと骨を削ってしまう治療法を前歯に行ってしまうと長い歯になって見栄えが悪くなってしまうため歯ぐきのボリュームを確保するエクストルージョン治療が適応されます。

歯根を引っ張り出すと聞くと痛みについて不安な方も多いと思いますが、ゴムの弱い力でゆっくり引っ張りだすため痛みはほとんどないでしょう。治療開始から2日弱は少し圧迫感を感じる方もいるようですが、歯の移動を行う一般的jな矯正治療のような痛みは感じないでしょう。

治療期間に関しては、歯根を引っ張る治療を最低でも2ヶ月は必要になります。これは被せ物の歯質を確保するために必要となる期間であり、その後、歯根が元あった位置に戻ろうとするのを防ぐための固定期間という期間が必要になります。固定期間は歯根を引っ張った期間と同じ期間必要だと言われ、引っ張る治療が2ヶ月かかった場合、合計でおよそ4ヶ月は必要になります。エクストルージョン治療中は日常生活に支障がないように仮歯を入れますが、この仮歯は強くてなんでも噛めるほど丈夫なものではないので、前歯で噛み切ったりする食事などには注意が必要です。

エクストルージョン治療のメリット・デメリット

エクストルージョン治療のメリットは、何よりも自分の歯根を残した状態にできるため歯を抜かずに済み、見た目が改善されるという点でしょう。またインプラントなどよりも費用が抑えられる点も喜ばれるポイントの一つです。しかし保険は適応されませんので保険診療と比較すると費用は高くなります。歯科医院によって費用はさまざまですが、大体1本2〜6万円ほどでエクストルージョン治療を受けることができます。(被せ物や土台は除く)また治療期間が数ヶ月と長くかかってしまったり、外科処置が必要になるというデメリットもあります。

エクストルージョン治療は特殊な治療であるため、どこの歯科医院でも行えるわけではありません。抜歯が必要と診断された場合でもエクストルージョン治療によって歯を抜かなくて済む可能性もあるのでエクストルージョン治療が行える歯科医院を探しましょう。

歯を出来れば抜きたくないと思われる方は多く、そのような方々がエクストルージョン治療を受けた感想は、やはり自分の歯を残せたことが嬉しく、満足度の高い声が多いようです。さらに治療中でも仮歯で過ごせるため問題がなかった点や、被せ物をジルコニア等のオールセラミックにできたりと仕上がりもキレイになることでよかったという感想が寄せられています。

この記事を読んで、エクストルージョン治療について気になった方、抜歯をしたくないとお悩みの方は大分県の歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事