PICKUP
そう生

叢生(そうせい)とは、歯の大きさが大きすぎたり顎の大きさが歯の生えるスペースに対して小さいことが原因で、歯が凸凹に生えてしまったり、重なり合って生えてしまう状態のことをいいます。また、一般的に八重歯といわれる歯も叢生の一つです。叢生は見た目が悪くなるだけではなく、歯が凸凹しているので歯磨きもしづらくなってしまうため、食べカスや歯垢が溜まってしまい、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。また、歯周病が原因で口臭がきつくなってしまうこともあります。さらに正しい噛み合わせではないため、悪い噛み癖がついてしまったり、食事をする際にうまく食べ物を咀嚼することができなくなることもあります。

そう生の原因

乳歯が早く抜けてしまう

乳歯が通常よりも早く抜けてしまった場合、その空いたスペースに周りの歯が移動してしまうため、永久歯の生えるスペースが無くなってしまう場合があります。歯の性質として、歯が抜けた場合などの歯と歯の間にスペースが出来てしまうと、その失ってしまった隣の歯が隙間を埋めようと歯の中心に移動してしまうのです。そのため、正しい位置に永久歯が生えることが出来なくなってしまうため、叢生になってしまいます。

歯や顎の大きさ

永久歯の歯の大きさが大きすぎる場合や、顎の骨が小さすぎる場合は叢生になりやすくなります。顎の骨が小さすぎると、永久歯が生えた際に歯が並ぶスペースが足り無くなってしまうため、正しい位置とは違った場所に歯が生えてしまう場合があります。さらに顎の大きさは通常だとしても、永久歯の歯の大きさが通常よりも大きい場合、永久歯がまっすぐに生えることができないため、ねじれたり曲がったりして生えてくる原因になります。

指しゃぶりなどの癖

指しゃぶりや舌で前歯を押したりする癖などがある場合も、叢生の原因になることがあります。乳歯の歯の時までに癖をやめないと、永久歯に生え変わった際に歯並びのトラブルの原因になってしまうため、保護者がやめられるようにお子さんのお手伝いをするようにしましょう。

そう生の治療法

叢生の治療法には歯のスペースを作ることが必要となるため、矯正治療をおこなうことにより新しい歯のスペースを作り改善をします。

側方拡大

クワドヘリックスや床矯正装置といった様々な矯正装置を用いて、歯を側方に拡大します。症例によって違いますが、大人と子供では拡大できる量は異なり、大人では数㎜ほどで子供では10㎜以上拡大させることが可能です。

臼歯部遠心移動(奥歯を奥に移動させる治療方)

臼歯部遠心移動の子供の矯正治療では、ヘッドギアを使用することで移動が比較的簡単にできますが、大人の矯正治療の場合はインプラント矯正やカリエール(棒状の金属を歯に装着してゴムをかける矯正方法)やインビザライン(マウスピース矯正)などを使用することで治療が可能になるため、近年治療法に取り入れられています。しかし、治療にはいくつかの必要な条件を満たさないとおこなうことができません。

MFTとトレーナーを併用

MFT(Oral Myofunctional Therapy)とは、咀嚼や嚥下、発音や呼吸舌や口唇の位置などの改善を目的として各種のトレーニングをおこなうことで、 口腔周囲の筋肉バランスを整える口腔筋機能療法です。MFTとトレーナーなどの筋機能矯正装置(口腔周囲筋の力を有効に活用する機能と、異常な口腔周囲筋の力を取り除く機能の両方を持ち合わせた矯正装置)を使用することで、矯正治療をおこなうことができます。

第一小臼歯の抜歯

最も多くスペースを確保できる治療法ですが、健康な歯を抜かなくてはいけません。抜歯は基本、第一小臼歯(前歯から数えて4番目の歯)を抜きます。その際、7~8㎜のスペースができるため、左右共に抜歯すると14~16㎜のスペースを確保することができます。言い換えますと14~16㎜のスペースが必要な症例の場合の治療法になるとも言えるのです。しかし、なるべく健康な歯は抜かない方がいいため、インプラント矯正やカリエール、インビザライン矯正方法を用いることで抜歯をしない矯正治療をおこなうことができる可能性が高くなります。

最も多い不正咬合である、そう生

叢生は最も多い不正咬合です。そのため子供の時期から治療を始めれば、多くのメリットがあり、将来的にも抜歯をすることなく矯正治療を終えることができる可能性も高くなります。しかし生まれつき顎の大きさが小さいといった先天性の問題から、抜歯をせずに矯正治療をおこなうことが難しいと医師が判断した場合は、あえて小児矯正をおこなわずに永久歯の完成を待ってから矯正治療を始めるという診断をおこなう場合もあります。また、大人になってからの叢生の治療の場合、歯の重なり方によっては歯茎が後退してしまうため、歯の周辺の組織に影響を与えてしまうため、早期の治療が必要となります。そのため、なるべく早く大分県の歯科医院で治療するようにしましょう。

おすすめの記事