PICKUP
八重歯

八重歯とは?

「犬歯」と混同され、勘違いされやすい八重歯ですが、八重歯とは「症状の名称」であり、犬歯(糸切り歯)は「歯の名称」です。八重歯は、犬歯が歯列から外れ、他の歯と重なって生える状態が八重桜の花びらに例えられたことで八重歯と呼ばれるようになりました。八重歯は犬歯だけに限らず、他の歯が八重歯になることもありますが、犬歯は第2大臼歯(12歳臼歯)を除く歯の中では、最後に生えてくるため、顎が小さい場合、スペース不足の影響を受けやすく、他の歯は何とか歯列に合わせて並んだとしても、最後の犬歯は生えるスペースが足りず、八重歯になってしまう確率が高くなってしまいます。

日本人は八重歯を「かわいい」「魅力的」「チャームポイント」など好印象を持つ人が多い傾向にありますが、海外では良いイメージを持つ人はかなりの少数派で、欧米では、八重歯が「吸血鬼の牙」に似ているという理由から不吉なものとされており、中国でも「虎の歯」と呼ばれ、縁起が良くないものとして扱われています。歯科医学的にも八重歯はあまり好ましいものではなく、重度の場合には、口の開け閉めが大変だったりと、機能面でもデメリットが多いのです。

八重歯を治療した方がいい理由

八重歯は、歯列から外れて重なるように生えているため、歯と歯が重なり合う部分は特に歯ブラシが届きにくく、磨き残しが出てきてしまい虫歯や歯周病のリスクが高くなります。八重歯の症状によっては口を閉じにくくなるケースもあり、口が閉じられないことで口呼吸になっていたり、口腔内が乾燥し、口臭などのトラブルの原因にもなります。それだけでなく、乾燥していることで、口腔内細菌は繁殖しやすくなり、口腔内の健康が損なわれることも考えられます。

また尖った犬歯が八重歯になっている場合、生え方によっては歯茎や唇・舌などを傷つけてしまう恐れがあり、口腔内を怪我するリスクが高まり、さらにその傷が口内炎の原因になってしまうことがあります。

このように八重歯を治療した方がいい理由はいくつかあります。そもそも犬歯には他の歯にかかる負担を軽減させる役割を担っており、犬歯は歯の中で唯一深く噛み合う部分で、噛み合わせの中でも重要な歯になります。その犬歯が八重歯になってしまうと、犬歯の働きが弱まってしまうため、他の歯に負担がかかり、食事の際にも、ものが噛みきれない、咀嚼がうまくできない等、トラブルの原因になります。場合によっては知覚過敏を引き起こしてしまうこともあり、このような理由から八重歯の治療は推奨されているのです。

八重歯を治療するには

八重歯は歯の大きさに対して顎が小さくスペース不足によって、八重歯となってしまいます。八重歯の治療法は大きく分けて3つあり、1つめに「抜歯によりスペースを作る」2つめに、「歯の横幅を少し削り小さくする」3つめに、「顎の歯列全体的に広げる」という治療法です。これらのことを組み合わせて治療を行い、矯正装置で歯列を整えればキレイな歯並びになります。

八重歯の程度があまり酷くない軽度の場合は、抜歯を行う必要はなく、1本1本の歯の横幅を減らす治療が行われます。スライスといって、歯の両サイドを約0.2~0.5㎜ずつ削り、前歯6本にスライスを行うと、スペースを確保することができます。この矯正法は見た目も良くなり、且つ、治療期間も短縮出来るため負担の少ない治療法と言えるでしょう。一方で八重歯の程度が酷く重度である場合は、八重歯の隣にある小臼歯を抜歯します。そこのスペースに八重歯となっている歯を移動し、歯並びを整えていきます。

抜歯に対して抵抗がある方も多くいますが、抜歯を行わず無理やり歯列を整えようとすると、かえって出っ歯になったりと仕上がりも良くありません。抜歯を行う歯は、抜いても支障があまり出ない歯を抜歯します。そのため、さほど支障はないと考え、抜歯を行い治療することで、歯並びや噛み合わせが良くなり、咀嚼がしやすくなったり、虫歯や歯周病のリスクも軽減できます。

まだ顎が成長段階にある子供の場合は、急速拡大装置という装置を口腔内の中にセットし、顎の成長を促します。八重歯が生えてくるのはだいたい11~12歳くらいの時期で、その時に酷い八重歯になっていれば、抜歯が行われる可能性もありますが、八重歯の程度が軽度である場合は、抜歯は行わず、顎の歯列を拡大する治療が行われます。

いかがでしたか。

日本人からはチャームポイントとイメージを持たれがちな八重歯は、海外では不人気な不正咬合の一種です。八重歯は歯磨きの際にブラシが届きにくかったり、他の歯への負担を大きくしてしまったりとデメリットが多くあります。「可愛い」「チャームポイント」だからと八重歯をそのまま残しておくのではなく、お口の健康を考えるのであれば八重歯は矯正治療で正しい位置に戻すことをお勧めします。

この記事を読んで、八重歯の矯正について気になった方は大分県の歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事