PICKUP
歯茎が下がる

「最近、歯が長くなったような気がする・・」「歯茎が痩せて歯がグラグラする・・」こんな症状は、歯肉退縮かもしれません。歯肉退縮は少しずつ進行するため、歯茎の退縮が起こっていることに気付かない人が多くいます。そして実際に、歯肉退縮は他人事ではなく、多くの人に起こっているお口の病気で、治療しないまま放置すると、歯の周りの組織と骨構造が損傷し、最悪歯を失ってしまうかもしれません。

歯肉退縮とは

歯肉退縮とは歯茎が下がり、歯根が露出した状態のことをいいます。歯肉が退縮すると、歯が長くなったり、歯茎と歯の間に隙間が出来てしまい、食べカスが詰まりやすくなったり、歯根が虫歯菌や歯周病菌に感染しやすくなります。歯茎の中で細菌が繁殖し、歯周病が進むと歯がグラグラしてしまい、さらに酷くなると歯周ポケットが深くなります。その他にも知覚過敏を起こしやすくなったり、歯根が露出することによって、歯が過敏になってしまい不快に感じることが多くなったり、見た目的にもあまり良くないでしょう。歯根の露出は、歯周病の兆候であることが多く、硬い歯ブラシや力を入れすぎたブラッシングが原因の場合があります。

歯肉退縮の原因

歯周病

歯周病とは、歯周病菌が歯茎組織と、歯を支えている骨を蝕んでいく歯茎の病気で、歯肉退縮の主な原因と言われています。歯周病は初期の段階では痛みを感じないため気付かないうちに進行し、気付いた頃は症状が悪化しているケースがほとんどです。歯周病の初期症状として、歯茎が紫色に変色したり、赤みを帯び、腫れたりするなどの症状が現れます。また、歯茎を押すと痛みを感じたり、出血したりする他、慢性的に口臭があるなどの軽度の症状が現れます。歯周病を治療しないまま放置すると、やがて歯周炎へと進行し、最終的に歯を失ってしまうことになり兼ねません。歯周病は、口腔ケアをしっかりしている人でも、遺伝から歯周病にかかりやすい人もいると言われています。歯医者さんでの定期検診などで日頃からチェックすると早期発見にも繋がりいいでしょう。

過度な歯みがき

間違った方法で歯をブラッシングしたり、余りにも多くの回数、歯みがきをしすぎたりすると、歯のエナメル質がすり減り、歯肉退縮につながる可能性があります。適度な回数の歯磨きを行い、歯ブラシの硬さや力加減も程よい程度に行いましょう。

不十分な口内ケア

磨き残しがあると歯垢が歯石になり、歯の隙間に付着しやすくなります。一度付いた歯石は歯医者さんでの除去が必要になるため、日々の歯みがきで磨き残しがないように心がけ、デンタルフロスや抗菌洗口液を併用し、丁寧なセルフケアを心掛けましょう。

加齢

白髪やシワができる事と同じように、歯茎も年をとります。よって加齢と共に歯茎も痩せていき、歯肉退縮が起こることが十分考えられます。

歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりなど、歯に必要以上の力がかかると歯肉退縮の原因となります。歯ぎしりや歯を食いしばるクセがあると、歯肉退縮のみならず、顎関節症などの病気にも発展する可能性があるため、睡眠時の歯ぎしりを指摘されたことがあったり、歯を食いしばるクセがある方は、専門医に相談されることを推奨します。

ホルモンバランス

思春期・妊娠・更年期など、女性ホルモンの一種であるエストロゲン濃度が変化することによって、歯茎が過敏になり、歯肉退縮が起こりやすくなります。

タバコ

タバコを吸うと唾液の分泌が抑制されるため、唾液による自浄作用が減少し、歯垢が溜まりやすくなります。歯垢が溜まりやすくなることから、歯周病や虫歯につながり、歯肉退縮を引き起こす可能性が考えられます。

不正咬合

歯並びが悪く、噛み合わせが悪かったりすると通常よりも歯茎や周囲の骨に過度な力がかかり、歯肉退縮を引き起こしやすくなります。

歯肉退縮の治療法

治療法としては、主に上アゴから移植に必要な分だけ歯肉(歯茎)を切り取り、足りない部分に移植するという方法です。気になる痛みについては、一般的な虫歯などの治療と同じように局部麻酔を行うため、手術中はもちろん痛みはなく、術後は普通の生活を送ることができます。食事に関しては、傷の状態にもよりますが、落ち着くまでなるべく柔らかい物を選ぶようにした方がいいでしょう。もし、術後に痛みがある場合は、痛み止めを飲んことで治まる方が多いです。

いかがでしたでしょうか。
歯肉退縮の主な原因である歯周病は40~50代になってから気付く方が多いようですが、歯周病は10代の子供でも発症する病気です。歯周病になると歯と歯茎の境目に歯周ポケットと言う溝が作られてしまい、そこに溜まった歯垢が、やがて歯石へとなり歯周病へと発展します。歯周ポケットは深くなるに連れて、治療は大変になってしまい、その分費用や通院回数、痛みに関しても増加してしまいます。出来てしまった歯周ポケットを無くす為にはプロによるクリーニングが必要不可欠です。

なるべく早い段階で歯周病に気付くためにも、ご自身のプラークコントロールがとても重要だと考えます。日々のセルフケアに加え、歯科医院での定期検診やクリーニングを受けられてみてはいかがでしょうか。定期検診などで口腔内のメンテナンスを行うことで、加齢による歯肉退縮も抑えることが可能だと言われています。
健康な口腔内を保つためにも、是非大分県の歯科医院で定期検診などを受診されることをお勧めします。

おすすめの記事