PICKUP
出っ歯の矯正で若く見える

大人の矯正治療をご検討の方にとっては、「若返り」というワードは嬉しいのではないでしょうか?出っ歯が原因でほうれい線が目立つという噂もあったり、一方で歯列矯正を行うことでほうれい線が消えたり、ほうれい線が目立つようになったなどのエピソードも聞かれます。

出っ歯でお悩みの方にとって、出っ歯を改善すると若く見えるようになるとは、歯並びも改善されて見た目も若返るなんて一石二鳥の嬉しいニュースですよね。
この噂は本当なのか?ご紹介します。

出っ歯が原因でほうれい線ができる?!

出っ歯は口元が前に突出しているため、頬との境界線が目立ちやすくなります。この境界線が目立ちやすくなることで、ほうれい線がわかりやすくなってしまうようです。

前歯の突出具合が酷く、唇からはみ出るような場合は、前歯を上唇で隠そうと鼻の下を伸ばすようなクセがついてしまい、肌が伸縮を繰り返すことでシワになりやすく、ほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。また重度な出っ歯だと口が開いてしまい、無意識のうちに口呼吸になっている方が多くいます。口が半開きのような状態が多くなると口周りの筋肉が衰え、シワができやすい状態になってしまうのです。

出っ歯は噛み合わせが悪い状態であるために、顎に大きな負荷がかかってしまったり、片側だけで噛む偏咀嚼のクセがついてしまったりすることが多く、それが原因となり顔の筋肉のバランスが崩れやすく、顎が歪んだり変形していくことがあります。これらの理由も、ほうれい線が目立つことと関係しているかもしれませんが、噛み合わせがいい人でも、ほうれい線は年を重ねれば誰にでもできるものです。「出っ歯のせいだから」と考えすぎるのも良くないでしょう。

出っ歯を改善するとほうれい線はなくなるの?

出っ歯を治療することによってほうれい線がキレイになったというケースは意外にも多いです。過蓋咬合という前歯の噛み合わせが深い症状の場合、ほうれい線のように見えてしまうことがありますが、これは加齢による顔のたるみや肌のハリが失われたことが原因でできるほうれい線とは根本的に違うため、この様な症状の方であれば、歯の状態を改善することによってほうれい線のようなシワがなくなり、見違えるように若返るでしょう。

しかし、出っ歯を治療したらほうれい線が目立ってしまったというケースもゼロというわけではありません。矯正治療を行うにあたって抜歯が必要となった場合、皮膚の余りでたるみができてしまい、ほうれい線が目立ってしまったり、抜歯したことで口元が引っ込みすぎて貧相な印象になってしまう可能性があります。また、矯正装置の違和感から食べ物を噛む時のバランスが悪くなり、どちらかの顎で噛むクセがついた場合、左右の筋力バランスが悪くなり、ほうれい線ができやすくなってしまうことも考えられますが、左右のバランスに関しては、本人の意識次第で予防することができます。

矯正治療がもたらすエイジングケア

人間の歯は、歯のトラブルや過去の治療、加齢によって歯並びが変化していきます。前方に歯が出てきたり、下の前歯が乱れがちになったりすることがあり、歯周病を患っている場合には歯を支える力が弱くなって、特に歯並びが乱れやすくなります。歯並びが乱れることによって、口元やフェイスラインも崩れてしまいますので、歯並びを整えることで、口元やフェイスラインが整い、美しく若々しい印象を取り戻すことにつながると考えられています。

歯並びが悪く噛み合わせが悪いと、左右の顎のどちらかでの噛みグセがついてしまい、左右のバランスが悪くなったり、しっかり噛めなくなると、顎全体の筋肉も衰えます。顎の筋肉は、食べ物を噛んだり口を動かすだけでなく、頭を支える役割を担っています。頭を支える力のバランスが崩れれば、どこかでバランスを補おうと体のバランスも悪くなってしまうでしょう。噛み合わせを改善し、矯正によって噛み合せを整えれば、しっかりとバランス良く顎の筋肉を使うことができ、筋肉が発達して、体のバランスや顔の歪み、たるみなども改善が期待できます。

また噛み合わせが改善すると、しっかり咀嚼して食べられるようになるため、消化吸収が良くなります。噛み合わせが悪いと、あまり噛まずに飲み込んでしまうクセがつきやすく、胃腸に継続的な負担がかかってしまいます。しっかり噛むことは健康長寿やダイエットにもつながるというデータもあるので、エイジングケアの一つと言えます。

まとめ

噛み合わせや歯並びを整えることは、口元やフェイスラインの見た目を若々しくするだけでなく、お口の中の環境を清潔に保ちやすく、しっかり咀嚼ができることで消化吸収を助け、全身の健康増進につながります。

慢性的な疲れや頭痛、肩や首の凝り、目の疲れなどの原因に歯並びや噛み合わせが原因となっていることもあります。矯正治療は若返りだけでなく、心身の健康にもいい影響を与えると考えられており、フェイスラインの見た目や若返りを含め、しっかり噛める素晴らしさを実感させてくれる可能性を秘めていると言えるでしょう。出っ歯を歯列矯正することで、ほうれい線が目立ってしまうケースも否定できませんが、噛み合わせが悪いことで引き起こされる悪影響は全身に及びます。仮に、ほうれい線が目立つようになるからといって噛み合わせが悪いままでいると、将来、虫歯や歯周病になって歯を失う原因になったり、しっかり噛めずに消化不良を起こしたりと健康に影響が及び、老けて見えてしまうことも考えられます。

一生涯、毎日使う健康な歯を大切にするためにも歯並びにお悩みの方は大分県の歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事