PICKUP
歯列矯正はダイエットになる?

「歯列矯正をするとダイエットになる!」「顔が小さくなる!」というウワサを聞いたことはありませんか?キレイな歯並びを手に入れ、さらにダイエットも出来るとなれば一石二鳥で、ワクワクしますよね。歯列矯正をすると、なぜダイエットになると言われているのか、その他にも歯列矯正を行うことで得られるメリットについてもご紹介します。

歯列矯正で痩せる事がある理由

食欲が出なくなる

矯正治療の期間に痩せる原因の多くは、矯正装置が原因と言われています。矯正装置により歯に力が加わり、歯が動く痛みを感じたり、食べ物を咀嚼するときに痛みを感じることがあります。また矯正装置が口腔内の粘膜にあたることで異物感を感じることが主な原因なようです。痛み方には、ズキズキとした痛みや、ジーンとするような痛みもあり、酷い場合には鎮痛剤が効かずに睡眠が取れない方もいるようです。

一度に口に運ぶ量が減る

矯正装置の痛みで、咀嚼するのが辛かったり、食べ物を噛み砕くことが大変な場合、一度に口に食べ物を運ぶ量を少なくしたり、柔らかいものを好むようになったり、細かく切ったりして痛みを感じないように工夫した食事に自然とシフトしていくでしょう。ゆっくり時間をかけて食事をすることは、適量で満腹感を得やすいという効果があります。また柔らかい食べ物のうどんやお粥などを好むようになれば、消化にも良いでしょう。食事の量が少なくても満腹感を得られるため、総合的に食事量が減り、結果的にダイエットにつながると考えられています。

・間食が減る

矯正装置をつけると、口腔内の痛みや異物感から間食も減ると考えますが、それとは別に歯磨きをする回数が自然と増え、間食が減る方が多いようです。その理由は、矯正装置に食べカスや汚れが付着したまま放置すると、見た目の印象が悪いだけでなく、虫歯になりやすいためです。矯正治療中に虫歯になると、虫歯の進行状況によっては、矯正治療を中断しなくてはならない可能性も当然あります。そのような事態を防ぐために、自然と歯磨きは念入りに行うようになり、マウスピース矯正の場合でも、食事した後は清潔なマウスピースを装着するために、食後は歯磨きを行う必要があります。歯磨きをすると食欲も落ち着き、また毎食後の歯磨きの手間を考えると、間食が減る方が多いと考えられています。

・噛み合わせが改善され、噛みやすくなる

矯正治療が終わって、歯並びが改善されれば、噛み合わせもよくなります。噛み合わせが改善されることで、咀嚼しやすくなり、よく噛んで食べ物を食べられるようになることで、食べ物を細かく噛み砕くことができます。「噛む」ということはとても良いことで、現れる効果も多岐に渡ります。その一つに噛むことで満腹中枢が刺激され、少量でもお腹が満たされます。またよく噛んで食べると言うことは、胃腸の消化を助け、消化作用がスムーズに行われるようになり、新陳代謝がアップすることが期待できます。

輪郭が変化する

歯並びが整うことで、顔の左右のバランスが整い、良くなっていきます。フェイスラインがすっきりすれば、仮に体重が減っていなくても痩せたような印象に映るでしょう。この輪郭の変化は矯正治療に限らず、親知らずの抜歯をすることでも、輪郭が変化する場合があります。しかし個人差があり、見た目に変化が現れない方も多いので、健康な歯をダイエットや小顔目的で抜いたりするのはお勧めしません。

矯正治療で得られるメリット

歯並びは顔の印象に大きく影響を与えるためコンプレックスを抱える方も多いです。矯正治療を行い、綺麗な歯並びが手に入ることで、口元のラインがすっきりして、笑顔に自信が持てるようになり、人との会話やコミュニケーションを積極的に取れるようになるなど、性格も明るくなったりと自身に繋がります。噛み合わせが整うことで、顔の歪みや姿勢が改善され、肩こりや腰痛などの改善も期待できたり、歯磨きもしやすくなり、しっかりとブラシが全体に届き、磨き残しが減ることで虫歯や歯周病を防ぐことが出来ます。

さらに歯並びが均等になると、しっかり咀嚼をすることができ、咀嚼時にかかる力のバランスが良くなります。しっかり噛むことで、だ液や胃液などの消化液もよく出るようになり、消化の吸収がアップするでしょう。

それだけでなく、睡眠時無呼吸を防げるというメリットもあります。顎が小さいと舌が口腔内に収まりにくく、喉の奥に落ちてしまうことがあります。そうなると、うまく呼吸が出来ず、睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、脳に酸素が行かなくなり、睡眠の質を低下させてしまう恐れがあります。しかし矯正治療によって、顎を適切な大きさに広げることで、舌が喉の奥に落ちてしまうことを防ぐことができると言われています。

歯列矯正をすれば確実に痩せられるわけではなく、人によっては矯正器具を装着されていても、しっかり食事を取られる方も多くいます。矯正器具をつけていることから、食事に対しての意識は少し変化することもあるかもしれませんが、「ダイエットになる」わけではないようです。矯正中は痛みや異物感があると、食欲がなくなり食べる量も減少するかもしれませんが、やがて矯正装置にも慣れ、痛みが治まると食欲が戻り、リバウンドするという可能性も大いに考えられます。

あくまで矯正治療は、不正咬合を改善し、しっかり噛める歯並びに整えることが目的であり、「体重が落ちたらラッキー」という程度に考えておくと無難でしょう。

矯正装置には、一般的なワイヤーブラケットから、マウスピースといった目立たない矯正装置などいくつか種類があります。矯正治療を検討されている方は、大分県にある歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事