PICKUP
審美歯科治療

一口に歯科医院と言っても、歯科の分野には一般歯科をはじめ、矯正歯科、小児歯科、予防歯科など、これ以外にもさまざまな分野があります。その中の一つである審美歯科という分野について今回はご紹介します。

審美歯科治療とは

審美歯科治療とは一般的に、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことです。歯科治療には虫歯や歯周病を治したり、不正咬合を改善し歯並びを整えるといった歯の機能的な面の治療と、歯を白くしたり更に美しい歯並びにする治療などの見た目の美しさを補う治療があります。

機能的な面も含め、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療になります。審美歯科治療は、年代にふさわしい口元の健康美を求め、笑顔溢れる豊かな人生を送る事に貢献出来るのではないかと考えられています。

審美歯科治療の項目

ホワイトニング

ホワイトニングは、コーヒーや紅茶などによる歯の着色汚れを、自分の歯を削ることなく安全に白くする方法です。専用のホワイトニング剤を歯に塗り、少しずつ歯を白くしていき、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングの二つの方法があります。

クリーニング(PMTC)

歯科医院で行う歯のクリーニングは、日常の歯磨きで除去出来ない汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具などで除去し、口腔内をキレイにする専門的なお掃除です。

歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯の隙間、歯と歯茎の隙間の歯垢や歯石など、日々のブラッシングやセルフケアでは取り除ききれない汚れを放置しておくと、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。歯科医院でのプロによるクリーニングは定期的に受けられることが推奨されています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、虫歯治療などで歯を大きく削った場合に被せるセラミックの被せ物の事で、差し歯とも呼ばれています。セラミックとは陶材の事をいい、食器などの陶器と同じものになります。水分の吸収が無いため変色せず、歯を白く保つことが可能です。

保険治療で使われるレジン(プラスチック)や金属では見た目が不自然であったり、時間が経つにつれ変色や劣化が起きたりしてしまいますが、セラミックは天然歯のように美しく自然な見た目に仕上がります。また耐久性にも優れており、しっかり噛むことができるため、適切なケアを心掛けていれば長く使い続けることができるでしょう。金属を一切使っていないため金属アレルギーの方でも安心に使うことが出来ます。

セラミックインレー

セラミックインレーはセラミッククラウン(被せ物)の詰め物バージョンです。主に奥歯の虫歯治療の際に行われ、大きな穴が治療で開いてしまってきれいに仕上がります。セラミッククラウンと同様に、金属アレルギーの方でも安心して受けられるもの特徴です。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックはフレームにセラミックを被せた物で、複数あるセラミック素材の一種で、ジルコニアは、人工で作られたダイヤモンドで、軽くて硬く、人体に影響がないと言われています。

セラミックは耐久性に劣ってしまうので、咬む力がより加わる奥歯には不向きとされていましたが、ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドで作られているため、耐久性に優れており、費用は最も高額になりますが、耐久性、審美性ともに一番優れていると言えるでしょう。

メタルボンド

メタルボンドは、虫歯などで歯を大きく削った場合に被せるクラウンのひとつです。金属のフレームにセラミックを焼き付けているのが特徴で、金属フレームであるため耐久性が高く、強い力が加わる奥歯に適しています。メタルボンドは銀歯などとは異なり、表面に見えるのは自然歯と変わらない乳白色なので、見た目もきれいで自然な仕上がりになります。しかし加齢などで歯茎が痩せてくるとフレームの金属の部分が見えたり、金属のイオンが歯茎に付着し黒ずんで見えるということもあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を削り、薄いセラミックを前歯に貼り付ける治療法です。神経を抜いた歯などはホワイトニングの効果が出にくいため、そのような歯を白くしたり、歯と歯の僅かな隙間を整えたりする目的でラミネートベニアは行われます。

白く透明感のあるセラミックであることから、美しく自然な見た目に仕上がるのが特徴で、クラウンと比べると、歯を削る量が少ないため麻酔の必要がなく、且つ短期間で治療が終わるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

インプラント

インプラントとは虫歯や歯周病などで失った天然歯を補うための治療です。歯のなくなった部分の顎骨に人工歯根を埋め込み、それを土台に人工の歯を取り付ける治療法です。インプラントにはたくさん種類があり、素材でも選ぶことができるため、一人一人に合ったインプラントを選ぶことが可能です。

矯正治療

矯正治療は、不正咬合や悪い歯並びを改善する治療で、矯正装置を用いて歯や顎骨にゆっくり力をかけて動かしていきます。矯正にはいくつか方法があり、一般的なブラケット矯正をはじめ、裏側矯正やマウスピース矯正、ハイブリット矯正などがあります。ブラケット矯正は従来、矯正装置が目立ってしまうことがデメリットに挙げられていましたが、ブラケットが透明なものや白いものも普及しているため、矯正装置の目立ちが気になる場合は医師に尋ねてみると良いでしょう。裏側矯正とは、歯の内側にブラケットがつくので矯正装置が目立つことなく治療を行うことができます。しかし舌が動く位置に装置が装着されるため違和感を感じることも多いようです。

さらに装置を目立たないようにして治療を受けたい方にお勧めできるのは、マウスピース矯正です。透明なマウスピースを付け替えながら少しずつ歯を動かしていく治療法で、芸能人や人前に立つお仕事をされてる方、接客業をされている方に人気の治療法です。しかし対応出来ないケースもあるため気になる方は一度医師に相談されてみると良いでしょう。

ハイブリッド矯正は、部分矯正とセラミック治療を一緒に行う治療法で、歯や歯茎への負担が小さく収まる特徴があります。歯並びは見た目だけの問題ではなく、歯並びが悪いことで食べ物がよく噛めなかったり、発音が悪くなり言葉が不明瞭になります。それだけでなく歯ブラシがうまく当たらず磨き残しが起きやすくなったり、口臭の原因や虫歯になる確率も高くなるなど様々な問題が出てきてしまいます。

まとめ

歯は人と接した時に、目につきやすい場所です。笑顔や顔の印象にも関わるだけでなく、健康を保つためにも最も重要なパーツと言えるでしょう。審美歯科では歯の機能回復という面だけでなく、美しい見た目を実現するということも目標にしている分野です。この考えは歯に対する意識が高い欧米で生まれ、今では日本でも一般的に広く親しまれるようになりました。

審美歯科は歯を治療するだけでなく、見た目の美しさや顔全体のバランスなども考慮しながら治療を進める必要があるため、高度な技術に加え経験が非常に大切になってきます。審美歯科を選ぶ際に迷われた場合は、クリニックの症例数、ドクターの実績を見極め選択されることをお勧めします。

おすすめの記事