PICKUP

虫歯が進行し、神経にまで到達していたり、神経が腐敗している場合には、「抜髄」(ばつずい)と呼ばれる歯髄を取り除く治療が行われます。「歯髄」(しずい)とは、一般的に「歯の神経」のことを言い、冷たい水を飲んだ時の痛みなど様々な刺激を脳へ伝える神経や毛細血管がいくつも通っています。毛細血管には、歯に栄養と酸素送る非常に大切な役割を担っており、神経を取るということは、歯の根元から歯の先端へ栄養を送る経路を断つことを意味します。

歯の神経とは

歯の表面はエナメル質という固い組織で覆われています。エナメル質の下には、象牙質というエナメル質より少し柔らかい組織があり、さらにその内側に歯髄という柔らかい組織があります。実際に歯を削って神経を取る時、歯髄は白くプヨプヨしています。歯髄があるところは「歯髄腔」と呼ばれており、歯髄には神経、動脈、静脈と、いくつもの毛細血管が存在しています。

象牙質に温度や刺激が加わると、それは歯髄に伝わります。虫歯になると歯が痛むのは、象牙質にさまざまな刺激が歯髄に伝わるせいです。また虫歯にならなくても、象牙質が露出していると、歯がしみたりする原因になる可能性があります。

歯の神経を抜くとどうなる?

歯の神経が無くなくなるので、必然的にしみたりという知覚による痛みは、まったく感じなくなります。そのため、再び虫歯が出来てしまっても、痛みを感じたりしみたりすることがないため、自覚症状がなく、随分と進行してから気付くケースが多いです。抜髄治療では、再び細菌が根管に侵入しないように、根管に詰め物をしますが、再感染を起こし痛みが再発するケースもあります。

また、栄養や酸素を送る経路が断たれてしまうので、強度が弱くなり歯が欠けやすくなったり、歯の寿命は短くなってしまいます。それだけでなく、ツヤを失い、血液が循環しないためグレーや黒っぽい褐色に変わることもあります。

神経を抜く虫歯の進行段階

虫歯は象牙質まで到達して初めて痛みを感じるようになります。この段階で虫歯に気付く方が多いのですが、既に歯を削らなければ治せないところまで虫歯が進行しているケースが多いです。歯を削り、神経を抜くかどうかは、虫歯の進行段階で判断されます。

C0:初期の虫歯

エナメル質が白く濁り透明感が失われた状態です。痛みも感じないため、歯科医院でないと発見できない初期段階の虫歯なので、歯の再石灰化(再生)を促進し、自然治癒を試みます。歯質を強化するためにフッ素塗布を行い、適切なブラッシング指導と適切な口腔ケアについて説明し、その後経過観察を行います。

C1:エナメル質の虫歯

エナメル質の厚さは2.0~2.5mmと言われており、痛みはなく、エナメル質が溶け始めた虫歯です。痛みがないため、COの虫歯と同様に歯科医院でないと発見できないでしょう。COの初期虫歯と同じ治療が基本的に行われますが、エナメル質が溶け始めているため経過観察をしっかりおこなう必要があります。

C2:象牙質の虫歯

エナメル質を腐食し象牙質に到達している状態です。象牙質から歯髄(神経)に近づくにつれて歯がしみたり痛みを感じるようになってきます。

象牙質は柔らかいため虫歯の進行が早く、早急な治療が望まれます。この段階は、まだ神経を保存することが可能な場合が多いです。

C3:歯髄の虫歯

さらに象牙質までも腐食され、虫歯菌が歯髄(歯の神経)に到達しており、何もしていなくてもズキズキと痛み、眠れないこともあるでしょう。この段階で歯髄は炎症を起こし、「歯髄炎(しずいえん)」と言われる状態になっています。

歯髄まで進行した虫歯は「根管治療」が行われ、虫歯に侵された象牙質や歯髄を取り除くことで歯を助けることができます。つめ物やかぶせ物をして治療は終了しますが、根管内を無菌状態にするために通院回数は多くなるでしょう。

C4:末期の虫歯

虫歯で歯冠部(歯の頭の部分)が全て溶け、歯根のみが残った状態です。歯髄が虫歯菌に侵され、死んでしまうため痛みは感じなくなります。歯根先端部に袋状の膿ができると、歯を残すことも困難になり歯を抜く可能性も高くなります。

痛みがなくても虫歯菌の住み家になっており、他の健康な歯を守るためにも早急な治療が必要です。

歯の神経を抜かないために

歯の痛みがひどかったり、神経が腐敗している場合には、病気の進行を食い止め、痛みを取るために神経を抜く判断を下します。しかし神経を抜くと、その周辺の細かい血管まで抜くことになるので、当然栄養や酸素が行き届かなくなり、脆く欠けやすくなったり、歯の寿命も短くなりがちです。ご自身の大切な歯の神経を抜かなくて済むように、虫歯の早期発見・早期治療が一本でも多くの歯を将来残すためのカギと言えるでしょう。

しかし虫歯の初期段階は、痛みを感じないため、ご自分で気付くのは難しいです。歯科医院で、定期検診や歯のクリーニングを行うことで、小さな虫歯を発見でき、痛みのない治療が行えます。また通院回数も少なくて済むため経済的にも健康にも良いでしょう。一生涯、自分の歯で美味しく食事を取れることは心身ともに自信を与えられると考えます。健康な人生を送るためにも、大分県の歯科医院で定期検診や歯のクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事