PICKUP
歯を抜かない矯正治療と抜く矯正治療の違い

矯正治療の治療方法には大きく分けて、歯を抜かない矯正治療と歯を抜く矯正治療があります。現代人の顎は、昔と比べると小さくなってきているために、顎の大きさが原因で歯並びの乱れが生じてしまう場合があります。歯を正しい位置に戻してあげるためには、歯が移動できるだけのスペースを確保する必要があります。そのためには、出来るだけ健康な歯は残しておきたいのですが、治療のために健康な歯を抜かなければならない場合があります。

最近、歯を抜かない矯正治療を推奨している歯科医院も多くありますが、場合によっては歯を残すことで理想的な歯並びにすることができず、結果、患者さんの不満の残る矯正治療になってしまう場合もあるのです。では、歯を抜かない矯正治療と抜く矯正治療の違いはどういったことがあるのでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを含めてご説明いたします。

歯を抜かない矯正治療

歯を抜かずに矯正治療をおこなうためには、いくつかの条件が必要になります。一つは、年齢です。年齢が若ければ若いほど歯も永久歯に生えそろっておらず、顎の骨も動きやすいために歯を抜かずに矯正治療することが可能となります。また、歯並びが上下顎前突(前歯が前方に上下とも飛び出してしまい、唇が前方に出てしまう不正咬合)や上顎前突(いわゆる出っ歯と言われる上の前歯が前方に出てしまっている不正咬合)、下顎前突(下の前歯が前方に出てしまっている不正咬合、いわゆる受け口)や叢生(顎の大きさに対して歯のバランスが悪く、歯が凸凹になっている不正咬合)などの症状の度合いが軽症な場合も、歯を抜く必要性は低くなります。さらに、顎の十分な広さがあり、歯周組織が健康でしっかりと厚みがある場合も歯を抜かずに矯正治療することが可能となります。

歯を抜かない矯正治療のメリット

一番大きなメリットといえるのは、歯を抜く必要がないため健康な歯を残せるということです。また、矯正する歯の移動距離が短いため、治療期間も短くて済むこともメリットです。

歯を抜かない矯正治療のデメリット

歯を抜かずに無理に歯を並べてしまうと、歯茎に負担が掛かってしまいます。負担がかかった歯茎は徐々に下がってしまうため、歯の根が見えてしまうケースがあります。また、治療前に精密な検査とシミュレーションをおこなった上で治療をしないと、矯正をしても後に歯が元の位置に後戻りする可能性があります。さらに顎が小さい場合も、矯正した歯が後戻りしてしまう場合が多く、そのため保定期間が長引いてしまうことがあります。

歯を抜く矯正治療

矯正治療のために健康な歯を抜かなければならない場合で一番多いのは不正咬合です。叢生や上下顎前突、上顎・下顎前突などの症状の度合いが重度の場合は、歯を抜く矯正治療は必要な場合があります。

重度の叢生の場合、歯を抜くことでスペースを作り歯を移動させる治療をおこないます。重度の上下顎前突や上顎・下顎前突の場合は、前歯を顎の骨に植立するために歯を抜く矯正治療が必要となるのです。さらに不正咬合によって生じた、前歯を覆う唇の形や大きさによっても、歯を抜かないと口が自然に閉じられないと歯科医師が判断した場合も、歯を抜く矯正治療が必要となる場合があります。

歯を抜く矯正治療のメリット

歯を抜くことにより歯と歯の間にスペースが生まれるため、歯の移動がスムーズのなります。また矯正後の歯が後戻りしにくいため、安定した歯並びの実現が可能になります。さらに、閉じることができなかった口元もしっかり閉じられるように改善できることもメリットです。

歯を抜く矯正治療のデメリット

歯を抜く際に麻酔が必要となるため、患者さんによっては麻酔によるアレルギー反応が起こることもあります。また麻酔がきれる前に誤って頬を噛んでしまったり、熱い食べ物で火傷をしたりして、口腔内を傷つけることがあります。また、歯を抜いてできたスペースの分だけ歯を動かす距離が増えてしまうことから、隙間の空いた期間がしばらく続くだけではなく、治療期間も長くなってしまう場合があります。

このように、歯を抜かない矯正治療と歯を抜く矯正治療の違いは、年齢や不正咬合の症状の度合いなどの、口腔内の状況によって治療方法が変わってきます。しかし歯科医院の治療方針によっても治療方法が違ってくることもあるため、歯を抜かない矯正治療と抜く矯正治療のメリットとデメリットも知った上で、ご自身の歯を矯正する際に歯を抜いたほうがいいのか、抜かずに治療が可能なのかということを、大分県のかかりつけの歯科医院での医師としっかり相談し、その際、抜歯の必要性の説明や、患者さんの状況に応じた適切な処置を提案していただき、不安に思うことや心配な点なども一緒に相談することをお勧めいたします。

おすすめの記事