PICKUP
唇側矯正(表側矯正)とは

唇側矯正は、矯正治療において最もスタンダードな治療方法で、歴史のある一般的に知られてる矯正歯科治療になります。表側(唇側)の歯につけたブラケット(矯正装置)にワイヤーを固定して、ワイヤーの弾力を利用して歯を動かす歯科治療です。

唇側矯正は矯正歯科治療の中でも歴史が長く、治療実績が豊富な治療方法なので、ほとんどのケースと幅広い年齢に適用できます。費用は裏側矯正の場合よりもリーズナブルになります。昔は銀色のワイヤーばかりでしたが、最近は白色や透明の審美性の高いものもあり、それを使用することで金属製のものよりも矯正装置が目立つことなく矯正治療することができます。

唇側矯正のメリット

幅広い症例に対応できる

もっとも歴史が長く、実績のある治療方法なので、デコボコの歯並び、受け口(下顎前突)、出っ歯(顎前突)など、ほぼすべての症例に対応が可能となります。

発音や咀嚼がスムーズにできる

裏側矯正(舌側矯正)のように裏側に矯正装置が付いている場合は舌に装置があたります。唇側矯正は舌が装置に触れることがないため、発音や咀嚼に違和感が出ることがほとんどありません。
矯正装置の装着直後で痛みを感じられる方もいらっしゃいますが、慣れてくると気にならないという方がほとんどです。

費用が安い

表側矯正は特殊な装置が必要なく、歴史が古く広く使われている方法であるため、裏側矯正(舌側矯正)やマウスピース(インビザライン)矯正よりも費用を抑えることが可能です。

汚れている部分が見やすいため、清掃がしやすい

表側に装置を装着しているため、汚れても見つけやすく、すぐに汚れを取りのぞくことができます。それにより清潔に保つことができるため、トラブルになることが少なくなります。

唇側矯正のデメリット

装置が目立つことがストレスになる事もある

歯の表面に装着する矯正装置はどうしても目立つため、見た目が気になる方には心理的ストレスとなる場合があります。後々気になる可能性がある方は、裏側矯正、マウスピース矯正も候補に出し検討をおすすめします。

装置に厚みがあるため口元の突出感がでる場合がある

矯正装置を歯の表側に装着することで、歯に装置の厚みが上乗せされるため、口元の突出感が気になる場合があります。

このような方におすすめ

見た目が気にならない方

装置の見た目は気にならず、それよりもよりよい治療結果や効率的な治療を求める方に適しています。

矯正費用を抑えたい方

表側矯正は表側矯正は特殊な装置が必要ないため、できるだけ費用を抑えつつ、歯並びを確実に整えたいという方にもおすすめです。

発音を気にされる方

舌が当たりやすい裏側矯正に比べて、表側矯正は舌の動きを邪魔しないので、発音にも悪影響を与えにくいとされています。そのため、仕事などで発音や滑舌を気にされる方に適しています。

おすすめの記事