PICKUP
歯周病の原因は?

人が歯を失う最大の原因は、実は虫歯ではなく歯周病です。加齢に伴い唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥します。それは歯周病菌が増えるのに適している環境へ変化してきているということなのです。
また、歯周病は自分では気づかない軽度のものを含めると、約成人の8割以上の方がかかっているといわれています。

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

炎症が歯茎に限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれています。歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症を引き起こし、やがて歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。初期の頃は、痛みをほとんど感じないため自覚症状はありません。サイレンディジーズとも言われており、酷く悪化するまで自覚症状が少ないのが特徴です。「歯肉溝」と呼ばれる歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいることが歯周病にかかる大きな原因と見られており、そこに歯垢が蓄積し、歯肉の辺縁が炎症起こすことで赤くなったり、腫れたりします。

そして歯周病が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、「歯槽骨」と呼ばれる歯を支える土台が溶けて、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまうのです。

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。これらの細菌は普段あまり悪いことはしないのですが、歯磨きがしっかり出来ていなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)と言い、歯垢は粘着性が強く、口をゆすいだり、うがいをした程度では落ちません。歯垢(プラーク)のおよそ1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病を引き起こします。その中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることがわかっています。この歯垢(プラーク)は取り除かなければ徐々に硬くなり、「歯石」と言われる石のように硬い物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これは歯磨きだけでは取り除くことが出来ず、歯医者で歯石取りをしてもらう必要があります。さらにこの歯石の中や周りに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

また、歯ぎしりや食い縛り、不適合な差し歯や義歯なども、歯周病を進行させる要因と言われており、そのほかにも不規則な食習慣や喫煙、ストレスや薬の長期服用、あるいは全身疾患などの病気によって免疫力が低下していると歯周病は進行しやすくなると言われています。

歯周病が及ぼす主な疾患

歯周病は口の中の病気ですが、炎症が続いていると歯周病菌や菌から放出される毒素が血流によって運ばれ、やがて心臓や肺に入ることで全身疾患を引き起こす可能性があることがわかってきました。歯周病が影響を及ぼす主な疾患をご紹介します。

糖尿病

糖尿病を患っている方は、健康な人より歯周病にかかるリスクが高く、歯周病による炎症で生じる物質がインスリンの機能を低下させてしまい、糖尿病を悪化させてしまうと言われています。

冠動脈心疾患

歯周病による炎症が動脈硬化を悪化させることがわかっており、歯周病菌が心臓に運ばれ細菌性心内膜炎の原因になケースもあります。

誤嚥性肺炎

食べ物や飲み物が、食道ではなく誤って気管から肺に入ってしまうことがあります。このとき歯周病菌が肺に入り感染することで肺炎を起こす可能性があると考えられています。

早期低体重児出産

血液中に入った歯周病菌が胎盤を刺激し胎児の成長に影響を与えてしまう可能性があり、低体重児を出産してしまう要因の一つではないかと考えられています。

歯周病のセルフチェック

こんな症状はありませんか?思いあたる症状をチェックしてみましょう。

    • 水やお茶がしみる
    • 口臭が気になる又は、指摘されたことがある
    • 起きた時、口の中がネバネバする
    • 歯と歯の間によく食べ物が挟まる
    • 歯茎が、むずむすしたり痛い時がある
    • 歯と歯の間がすいてきた(空きっ歯になってきた)
    • 歯ぐきが腫れている又は、腫れたことがある
    • 歯磨きをしたり、少し硬いものを食べた時に出血する
    • 歯垢がついているのが分かる
    • 歯(歯冠)の丈が、長くなってきた
    • 歯がぐらぐら動く又は、動く気がする
    • 硬いものが噛めない

さて、いくつあてはまりましたか?
1〜3つであれば丁寧な歯磨きで改善が見込めるでしょう。
4〜5つあてはまれば、歯周病予備軍です。
歯科医院に行って検診を受けられることをお勧めします。
6つ以上あてはまった方は、すでに歯周病にかかっていると言えるでしょう。

また数字が上がれば上がるだけ重症と考えられます。早急に歯科医院を受診されることを強くお勧めします。

歯周病は、自覚症状が無く進行する病気で、最終的には歯を失ってしまいます。そのため日頃から注意深くお口の中を観察しておく必要があります。該当項目が少ないから安心、多いから重症とは一概には言えませんが、該当項目があれば歯周病が進行している可能性があるため、早期の発見も兼ねて、歯科医院で受診されることを勧めます。

歯は健康と直結する一生涯に渡って毎日使う大事なものです。定期的な検診としっかりとした日々のケアで健康なお口の中を維持していきましょう。

おすすめの記事